老犬ミニチュアダックスと虚弱な私の日々

7歳から一緒に暮らす(現在15歳)愛犬と虚弱体質な私の日々。

お散歩話。猛暑のアスファルトで肉球だって火傷する。そして老犬のお散歩への想い。

この記事に書いている事

 

 

かわいい来客。

こんにちは。

今日も暑かったですね。

朝の気温がまだマシな時間も年々短くなっているような気がしますね。

 

さて。

私が朝起きて、まずする事は、自分の食事ではなく我が家の愛犬ナチヲさんのお散歩でございます。

そして、お散歩の後にナチヲさんの食事。

それからようやく私の朝食という順番な毎日です。

 

そして、今朝も同じように散歩に行って帰ってきましたら。

何か視線を感じました。

本当に、どこからかわからないのですが、視線を感じたんですよね。

 

しかしすぐに判明。

 

結構ビックリしましたよ。

 

猫ちんがいらっしゃいました。

f:id:nachiwo:20180721172150j:plain

 

我が家の植木、、猛暑で枯れ果てた植木の間に、、、なぜあえてそこに??ずいぶん狭い所に入り込んだね(^▽^)。

ビックリしましたが、朝からカワイイお客さんですね。首輪をしていないから、ノラ猫さんですね。

暑い中、どのように暮らしてらっしゃるのでしょうか。

うちの近所はノラ猫さんに寛容な地域かと思います。

よく人の家の玄関や、ちょっとした工場というか作業所のような所などでゴロゴロされてます。

そんな地域です。

 

 

さて我が家にいらっしゃった猫さんと、うちのナチヲさんとバトルになりやしないか少し心配しましたが。

ナチヲさん、全くもって気が付きませんでしたよ。さすが、ご高齢犬。

f:id:nachiwo:20180721172627j:plain

それでも、犬は犬。

胴長短足のダックスは、対アナグマ戦用に品種改良されたとの噂。ナチヲだって狩猟犬の末裔です。何か気配は感じているもよう。

猫さんも、ジ―――――と見つめてました。

 

 

やっぱり何かいる気がするんだけどなー(ナチヲ)。クンクン。

f:id:nachiwo:20180721172811j:plain

 

しかし結局、ナチヲさんは猫ちんには気が付かないまま、おうちに入ってご飯美味しく食べてましたとさ。

 

 

 

猛暑のアスファルト肉球だって火傷します。

そんな鈍いナチヲさんですが。

この暑さ。

本当に暑いですね。

犬は裸足なので、お昼間の散歩は控える方が良いかと思いますね。

うちのナチヲさんも、いくら鈍いからと言ったって、肉球が火傷しては困ります。

 

そう、肉球も火傷するんですよね。

 

アスファルトは50度ほどの温度になっているとの事です。

さらにマンホールなんかは60度近くにも温度が上がっているとの事。

そんな所に肉球があたると火傷しますよね、そりゃ。

人間も、この暑さの続く日中に、裸足でアスファルトやマンホールの上を歩けば同じ目に合うかと思います。

 

アスファルトが高温かどうかは、自分の手で一度アスファルトに触れてみるとわかるかと思います。

 

「あつっ」と思ったら、それは今は散歩中止の合図ですよね。

うちも日中は外に出す気になれないです。

朝や夕方、少し涼しくなってからの散歩ですね。

 

 

老犬のお散歩は工夫も必要かと。

今年で15歳になったうちの愛犬ナチヲさん。

そんなナチヲさんは、気温が暑いからという理由の夏場に限らず、今年に入ってから、お散歩する距離が確実に減りました。

気分がのらない時は、すぐに帰ろうとします。そんな時は、抱っこして街路樹など、少し草木のある「ナチヲ好き好きポイント」まで行きます。そうすると、結構尻尾ふってルンルン歩いてくれます。

 

老犬になると、体力の低下により、色々な事や物に興味が無くなったりします。興味があっても体力が続かないから、どんどん遊ぶ時間やお散歩の時間が減っていきます。

うちも遊ぶ時間減りました。

まあ「遊ぶ」はもともとの性格も色々関係してくるかもしれませんけれど。

 

それでもやっぱり少々の刺激が必要かと思います。

家でボーっとしてるだけでは、つまらないだろうし。風を感じたり、草の匂い嗅いだり。他のお宅のワンちゃんと会ったり。

そんな風に、脳に色々な刺激を受けて、また家でゆっくり寝てほしいもんです。

 

だってナチヲさんは、「私が選んだ食事」しか食べれない。「私が連れて行く場所」にしか行けないわけです。責任重大ですよね。

だからこそ、少しでも好きな場所だったよね、ここ。そういう場所があれば、カートに入れて連れて行ったり、抱っこしていける距離は抱っこしたりして、少しでも楽しい時間を過ごしてほしいし、私も一緒に共有したいんですよね。

(もちろんご飯も変わってきます。これはまたの機会に。)

 

老犬になると、お散歩には少し工夫も必要になってきます。

時間がある時で良いと思います。

私も、無理くり必ずやらなくては、というのではなく、時間のある時やお休みの時に、少しお散歩に工夫しています。

それにナチヲが本当に嫌がっているというか、テコでも動かないような時は、なんとなく顔でわかるので、そんな日は諦めます。

 

 

老犬と暮らしている方々で、愛犬が最近歩かないなあとか思われていたら。

少し遠いけれど、よく歩いてた時に好きだった場所に連れて行ってあげるのもいいかなと思います。

愛犬にとっては、それが少しの時間であっても、好きな人と一緒に好きな場所に行ける。

それだけでも嬉しいと思います。

 

色々生意気言いましたけれど、私、そう思います(^^)

 

まとめ

・ナチヲさんは狩猟犬の末裔ですが、目と鼻の先にいる猫ちんに気が付かなかった。

 ・夏場のお散歩時、日中猛暑のアスファルト肉球は火傷する。お散歩は、気温が低い朝や夕方以降に。

・老犬のお散歩は工夫が必要。興味がなくなっているのは体力の低下の為、たまには好きだった場所などに連れて行ってあげる。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


シニア犬ランキング にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村