老犬ミニチュアダックスと虚弱な私の日々

我が家に7歳でやって来た愛犬は2021年3月18歳と5日でお空へ。愛犬を想い趣味と節約料理に頑張る潰瘍性大腸炎虚弱体質な私の日々。

愛犬の最期の物語。


こんにちは。

なかなか報告ができないまま。

なんとなく日々が過ぎていました。


桜も咲き、青空がキレイな春がやってきました。

f:id:nachiwo:20210324175757j:plain


我が家の愛犬ナチヲちゃん。

2021年3月18日(木)の朝、9時12分。

お空にいきました。

前回書いたように、誤嚥性からの肺炎と診断を受け。
頑張っていましたが。

お空に、行っちゃいました。


ナチヲちゃんは、嚥下機能が低下していたようです。
嚥下機能の低下の原因は、正直わかりません。
1月末の入院中に起こした発作。
これはおそらく脳梗塞との事で、その起こした場所が嚥下機能やらに関わる場所なら、その後遺症によるものか。
はたまた、たんに高齢による衰えか。

それはわかりません。

誤嚥性肺炎の場合、肺炎は治っても。
嚥下機能が治る事は人間でも難しい事で。
誤嚥性肺炎は繰り返されるようです。
今回、ナチヲちゃんは肺炎というより、その嚥下機能低下による誤嚥の方が原因で亡くなりました。


亡くなる前の日に書いたブログ(17日)で、お昼は少し食べたとか、お散歩も行けたとか書いてました。

本当に呼吸も普通で。
少し元気になったかと思っていました。

明日もあると思っていました。
また明日、カートでお散歩できると思っていました。
日曜日は雨降りだと、散歩はどうしようかと、そんな心配までしていました。

肺炎と診断されてから、一番調子が良かったその17日(水)の夜から呼吸が荒くなりました。

夫と私は一晩中ナチヲを見守りました。

自宅にレンタルした酸素室でナチヲちゃんは頑張っていました。
呼吸は荒かったですが、見た感じ苦しそうとかはなく。
酸素室でヘソ天までして寝たり。
時折起きたりするので、酸素室からゆっくり出して、夫の膝の上に乗って満足気な顔をしたり。

しかし呼吸の荒さは、落ち着く事はなく。
夜間診療もある病院でお世話になってますから、夜間に病院に行く事も考えました。

明け方4時。

行くなら病院行く?時間も時間やし、、どうしようか?
そんな話を、私は夫にしました。

するとナチヲちゃんが、割と楽そうな感じて寝だしました。スヤスヤ的な。
あれ?少し落ちついたかな?
しばらく見ていましたが、スヤスヤ寝ていました。

そして我々も、少し安心して寝ました。



朝、6時30起床。
私はとにかく。
病院に行かねばならない気になりました。
夫とは、私がパートから帰宅したらナチヲを病院へ連れて行く話をしていましたが。

私はとにかく今、、、今すぐに行かないといけない気になりました。
ナチヲはまだキョトンとした顔で、自分で起き上がり酸素室から出たりもできていましたが。

私はなぜか、今行かないとダメな気がして。

とにかく病院へ行きました。
夫は、私に「よろしく頼む」と言い、仕事へ。

病院で「電話もなく突撃したが、様子がおかしい云々」そんな旨を受付に伝え、しばらく待合室に。

カバンに入ったナチヲ。
すると私の腕にナチヲのウンチがつきました。
ヤバイ!!
なんかヤバイ!死ぬ準備しだしたか?

もはや本能的にそう感じ、受付に走り、もうダメかもしれないと伝えたら、すぐに処置室に連れていってくれました。
1分したかしないうちに、私も呼ばれ。
救命を受けているナチヲがいました。

私が来たら、私の方を見ました。
目だけですが、こちらを見ました。
ポーンポーンと機械が反応しました。
また心臓が動き出したようで、先生もたくさん頑張ってくださいました。
でも私は、ナチヲちゃん、、行っちゃうんだねと。
わかりました。
だから「ナッちゃん無理せんでな!」と声に出しました。

よく頑張ったよ。

大したもんだよ。

先生も、器官吸引したから、喉に詰まっていたりしたものは取れたから楽なはずです。

そう言ってくださいました。

でも、大丈夫だよ、、無理せんで。

ナッちゃん、ナッちゃん、行くんだね。

わかったよ。

心臓が動かなくなったと先生は言いました。

私は、「わかりました、大丈夫です。」

その日が来たんだと、自分に言い聞かせました。



夜間に病院へ行けば助かったか?
15日、肺炎と診断された時に入院させていれば、今も存命だったか?

頭にその考えがよぎらなかったと言えば嘘になるかもしれません。

しかし、嚥下機能低下。
入院しても、この年齢だと病院で亡くなる可能性もあると言われた15日(月)。

私達は決めた事を、ナチヲと一緒に頑張りました。

生ききったナチヲの爽やかな姿を見届けた気になりました。

2月はじめに退院し、約1か月半の介護生活。
ナチヲは私に何をしたら良いかを教えてくれて、常に引っ張ってくれました。

忘れられないのは。
17日(水)、最後の散歩となった時のナチヲです。
2日ぶりの散歩も終盤、帰り道。
カートの中から、しきりに振り返り、私を見ているナチヲの姿…。
何度も何度も振り返り、頭を撫でても振り返り、私を見ていました。

どうしたのかな?と思いましたが。

「明日、いくね…」って、言っていたのかな。

ナチヲが歩く道を一緒に歩きました。
ナチヲが選んだ日に、ナチヲはお空に行きました。

楽しかったです。
7歳から家族になり11年、あっという間でしたが。
本当に楽しかったです。


優しく強い子。

私に会いに来てくれた。

本当にありがとう。

f:id:nachiwo:20210324162250j:plain

2021年3月18日(木)。18歳と5日。
我が家の愛犬ナチヲ。本名ナッツは楽しい思い出たくさん持って、お空へいきました。

ありがとうございました。

シニア犬ランキング