老犬ミニチュアダックスと虚弱な私の日々

我が家に7歳でやって来た愛犬は2021年3月に18歳と5日でお空へ。B型乙女座。興味の対象には真面目に取り組む潰瘍性大腸炎虚弱体質な私の日々。

ちょっと古代史について@古代史カテゴリー現る!



こんばんは!

昨日はワクチン接種4回目の副反応で1日寝ていました。

同居のお義母さんが、ワクチン4回目打つと言い出したから、予約していたんです。

で、私も予約とる事になりまして、義母より先に打ちました…来週は義母の番です。

まあ何だかんだと4回も打っていますが、今回の副反応が一番楽だったかな〜。

熱は上がったり下がったりでしたが、夜にはすっかり良くなっていまして。

先々どうなるかワカランと言われてしまうと、もうどうしようもないですが。

とりあえず終わりました。



そんな訳で、4回のワクチン接種の中で一番、楽な副反応だった?とはいえ…発熱倦怠感はありましたから。

昨日は1日転がっていました!

そしてひたすら読書していました!

古代史の本を読んでいました。

主に葛城氏の本やら読んで、最後に支石墓の本を読みました!

私は先月11月に奈良に帰省したわけですが。

その際、まさに葛城地域をウロウロしていたわけです!

blog.uc-onakank.net

葛城氏に関しても、古代を代表する有力な豪族……なんてザックリ言われているかもですが。

そもそも「葛城氏」等の氏が成立したのは5〜6世紀だ云々。
本当に個々の人が、葛城氏と呼ばれたのか?
葛城地域の「○○(名)」と言う意味だったにしても、後々に朝廷に出仕した一族と葛城国造をつとめた一族とか、系統が様々あったりしたと思います。

まあそれはさて置き。
その深い歴史の場所、葛城地域を私は11月に実際にウロウロしていたんですよね。

その旅で、私の一番の目的でしたのが。

こちら、室宮山古墳!

こちらは八幡神社になっていて。

登っていく感じで古墳を体感します。

ちなみに、こちら八幡神社孝安天皇の宮があった近辺云々らしいです。

初期天皇さんの山陵や宮が葛城や高市郡の地に多いのも、なんだか気になるところ。

そして、この室宮山古墳。

最近は葛城襲津彦の墓ではないかとの事も言われているようです。

この人物は実在するのでは?といわれはじめています。

しかしながら、こちらの古墳は。

武内宿禰ともあるわけです。

おやおやと思った次第です。

武内宿禰…なんかは、諸氏の共通祖として創作された人物(?)でありましょうね。

そんな武内宿禰の墓と伝わるのが、なんだか面白いなと思いました。

所謂、その地域で「そう伝わる」ってのも、私は軽くみれない気がするんで、割と注目しちゃうんですが。

武内宿禰ときたからには、漠然としすぎて難しいかなと思ってしまいましたw。

武内宿禰は葛城氏の他にも巨勢氏、蘇我氏平群氏、紀氏などの共同の祖だったりしますから。



で。

古墳を登る。

ふう!

ごらんください。

あの小さな穴から実際の石棺を見る事ができます!

大王の柩といわれる長持形石棺!

穴は盗掘孔!

室の大墓と呼ばれているだけに、立派な前方後円墳

かなりの権力者の墓なんでしょうね。

先程も書いたように、葛城襲津彦の墓ではとの話ですが。

本当でしょうか。

時代的には5世紀初頭との事。

葛城襲津彦

葛城長江曽都毘古(かづらきのながえのそつひこ)。
※古くは、「かつらぎ」を「かづらき」と言った。

神功皇后紀、応神天皇紀、仁徳天皇紀にわたる記事に記されている人物(?)なわけだけども、その記事全部が本当に本当ならば。

205年から350年?にわたり生きていた事になるもんですから。

実在性やいかにと、少々疑いもあります。

ソツヒコはむしろ、葛城地域の王達の集合体の姿?形象化された姿が葛城襲津彦なのではとも思ったりする。

私においては、そういう考え方が割りとあって。

古代史の中のさらに古い古代(なんのこっちゃ)においては、これは一人の人間!!として捉えるよりも、漠然としてしまうが、地域の代々の王や集団を擬人化した姿と見ると、スルッとまとまるような気もしたりするのです。

全部が全部じゃありませんが。



室宮山古墳は。

まさにそういった。

葛城の王の墓には相応しい墓であるのは間違いないですよね。

甲冑・ゆぎ・盾・家などの埴輪が石室の上に並べられていたと言いますから、かなりの迫力ですね。

石室内からは刀剣類や鏡片、勾玉、なつめ玉やら石製品やら(適当でスイマセン)、とにかく工芸技術の迫力といいますか、この古墳の造営に関わった葛城の人々の生産、技術力の高さを想うのであります。

今は葛城襲津彦は実在したよ説の方が多勢かもですが。

私は今ひとつピンときてない派です(⁠*⁠´⁠ω⁠`⁠*⁠)



まあしかし。

前方後円墳

何でこんな型なのかな?

それが昨日読んでいた「支石墓の謎」という本にサラッと少々書いてましたから、また紹介したいと思います!

ではではまた└⁠(⁠ ⁠^⁠ω⁠^⁠)⁠」

写真は室宮山古墳の堀(池?)の近くで、家族で一緒に食べた、母作のお弁当!

美味しかったな、また行きたいな〜♪


古代史ランキング

人気ブログランキング