老犬ミニチュアダックスと虚弱な私の日々

我が家に7歳でやって来た愛犬は2021年3月に18歳と5日でお空へ。愛犬を想い趣味と鰹節と昆布の出汁取りに頑張る潰瘍性大腸炎虚弱体質な私の日々。

人ひとりの一生。


こんばんは!

少々ご無沙汰しておりました。


…と言いますのも。


同居していた義父が亡くなりました。

14日(木)早朝でした。

その前日(水)から、体調を崩していました。

自分では歩けないようで、病院に連れて行くにしても、車椅子いるね…的な感じで。
実際、ケアマネさんに連絡して車椅子を用意してもらう手はずでした。

体調を崩したと言うのは、下痢ですね。

嘔吐は少々あるかな?くらいで。

自分でトイレも行っていたし、水曜日の夜には風呂に入ると言い出し、お風呂も入りました。

次の日の早朝6時30。

やはり自分で起き上がれないような感じだったから。

「義父さん、おはようございます!お水飲みましょか!」と声をかけたら。

「もう、いい(いらない)」と首を横に振りました。

私は「まあ、そう言わずにね!起こしますよ!」と体を起こそうとしたら、首がガクッとなり。

…あ、死んでる?

といった具合でした。

本当にビックリしました。

後は救急車を呼びながら、寝ている夫を起こして心臓マッサージしてもらいながら、救急車とやりとりしてました。

死因は、肺炎だそうです。

ちなみにコロナは陰性でした。

嚥下機能も落ちていたから、誤嚥性肺炎とまではいかなくても、それに近い状態だったのか……。

とにかく急に、いってしまいました。



認知症になり。

徘徊もし、探し回った時もありました。

夜中に買い物に行くと言い出し、鍵を開けて出かけたり。

家族が帰って来るから鍵を開けておかないと!と毎晩夜中23時から2時くらいまで、鍵を開けては閉め鍵を開けては閉めと、私とのバトルもありました。

大変な事もありましたし、喧嘩みたいになった事もありました。



亡くなって、通夜が終わった夜。

私は夢を見ました。

棺桶に入っていた義父がパカッと起きてきて、「もう大丈夫だから」と言いました。

親が生き返る夢は、後悔や懺悔の意味があるそうです。

私もやはり、あの時ああしていれば。あんな事を言わなければ…と、少しながらもありました。

だから、義父が夢に出てきて「大丈夫だから」と言ってくれたのかな(•‿•)。

良いように考えてます、今は。

そんな訳で、本格的に認知症の介護がはじまり約5年かな。

私の介護が終わりました。

さらに、葬儀中に親が生き返る夢は。

再生・新たな出発などなど。

お義父さん。

奈良から出てきた私に、銀座や新橋を案内してくれて。

お義母さんも一緒に3人で、銀座ライオン行きましたね。

楽しかったし、嬉しかったです。

たくさんのお気遣い、ありがとうございます。

お疲れ様でした。