老犬ミニチュアダックスと虚弱な私の日々

7歳から一緒に暮らす(現在15歳)愛犬と虚弱体質な私の日々。

セブンイレブン「きな粉ホイップの牛乳ぷりん」が美味しすぎて、真面目に疲れふっとびます。

この記事に書いている事

 

こんにちは。

今日はパート出勤の日でした。週に4日働いています。

いつも通りの仕事でしたし、割と暇な方だったように思いましたが。

帰る頃にはクタクタになっていました。

なんでだろうw。

疲れて家に帰ったら、すぐにソファーに転がりました。

最近は自分の中では元気な方でしたが、やはり虚弱体質を甘くみてはいけませんね。

 

私は潰瘍性大腸炎で、直腸型。

軽度な方ですが一応入院した事もありますし、食事の制限もかなり頑張った時期がありました。

最近は症状も落ち着いているので、好きな物を摂ってみたりしています。

 

この自分の体質の「疲れやすい」というのが、潰瘍性大腸炎からきているのか、元からそういう体質なのか。ともかく無理がきかない方です。

ですので、「無理をしない」という自律でもってして、今まで地味に過ごしてきています。

 

セブンイレブン「きな粉ホイップの牛乳ぷりん」を食べてみた

 

さてさて、そんな私のどうでもいい話を長々書きましたが。

今日、嬉しい事にさし入れがありまして。

セブンイレブンの「きなこホイップの牛乳ぷりん」です。

わーい♪

f:id:nachiwo:20180816180010j:plain

価格は税込み224円。

カロリーは276kcal。

これがもう驚く美味しさで、疲れもちょっと、いや結構ふっとびましたよ。

 

 

蓋をパカッと開けた時に。

きな粉の良い香りが「ふわぁ~」と香りました。

これにはびっくり。

きな粉じゃ!!ほんまもんのきな粉つかっとる!!

f:id:nachiwo:20180816180207j:plain

しかも、きな粉めっちゃ多い。

私はきな粉が大好きなので、本当にテンションアップしました♪

 

いや~ありがたやありがたや♪

さし入れに感謝です!!!

 

 

きな粉ホイップが思いのほかたっぷりで、これまたビックリしました。

大満足の量です。しかもしつこくなく、優しい♪

凄まじい優しさで私を迎えてくれましたよ、きな粉ホイップ♪

f:id:nachiwo:20180816180730j:plain

美味しい~♪

そして、下には黒蜜さんが隠れていましたよ♪

実は私はあまり黒蜜が得意ではないのですが。

この黒蜜はしつこくなく、ちょっとしたアクセントになっていて、これまた優しいのです。この黒蜜は、無いよりあった方が絶対いいんですが、それでも主張してなくて、ささやかにまとめています。

 

そして、下の牛乳ぷりん。

これがこれでまた驚きの美味しさでした。

牛乳ぷりん単体でも勝負できますね、これは。

そしてこれまた優しいんです。

 

なにこの優しさの三重奏!!

 

美味しすぎwwww。

 

結構な量かな、と思いましたが。

もうペロリでした♪本当に大満足。

全部が優しいので、締りがないか?と思われるかもですが。

いやいや、しっかりバランスとってます。

口の中が優しさにあふれます♪

 

これは、自分でも買うかもしれません。

なんせまた食べたい。そして入荷し続けてほしいw。

そんなくらいにホームランスイーツでした♪

 

見かけたら一度ご賞味ください。

食べている時にリアルで「おいし~」って久しぶりに口から言葉に出ましたw。

 

おわりに

潰瘍性大腸炎で食事制限していた時には考えられませんが。

最近は好きな物を食べています。

それでも、潰瘍性大腸炎である事には変わりないので、自分の中で食べれば症状が出やすい物は遠慮してます。

薬を飲んだりする事は大切ですが、やっぱり美味しい物で元気になりたい時もあります。調子の良い時くらいは気にせず食べて、そして元気もらってます。

今の私はそんな感じです。

 

そしてこのセブンイレブンの「きな粉ホイップの牛乳ぷりん」は衝撃の美味しさでした。

一言で?

そうですね。

きな粉ホイップと黒蜜と牛乳ぷりんのトリオが手を繋いで微笑んでいる感じですね。

一言でもないし、全く意味不明な感想でしたね。

けれど、全体のバランス最強クラス。

機会があれば、手に取ってみてください。幸せタイムのはじまりですよ♪

 

f:id:nachiwo:20180816194548j:plain

さてさて、、今日もなんとか頑張れました♪

画像はナチヲさんの意味不明な寝相です。

どうしてこうなったww。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪


シニア犬ランキング にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村