老犬ミニチュアダックスと虚弱な私の日々

7歳から一緒に暮らす(現在15歳)愛犬と虚弱体質な私の日々。

すべてが型どおりではないから。向かい合って継続できたら。



こんにちは!

昨日の記事で、愛犬の歯磨きの事を少し書きました。
歯磨きは子犬の時から慣れてもらうのが一番かとは思いますが、我が家のように保護犬だったり、小さな時から一緒にいない場合、ついてしまった癖習慣はなかなか変わりませんよね。

ナチヲの場合、おそらく歯磨きした事ないのかな?と思います。

7歳で我が家に来た時は、5円ハゲをつくり、毛の色も今より薄く、目付きも鋭く。
お世辞にもカワイイとは言えない状態でした。

会陰ヘルニアがわかり、手術するにあたりまして。判明した前立腺肥大の手術も一緒にしました。
blog.uc-onakank.net


そして、さらに歯が真っ黒に近い状態だった為、スケーリングというのでしょうか。
歯と歯茎のポケットのクリーニングも一緒にしたんですよね。
つまり、会陰ヘルニア、前立腺肥大、歯のクリーニング、3つ一緒の手術でした。
今思えば、よく無事に帰ってきてくれたもんです。やはり全身麻酔は負担もあるし、7歳だったナチヲの体力があるうちに、、、獣医さんと話してお願いしました。

歯もピカピカになり、抱えていた病にも対処し、排便もスムーズになり、ナチヲの毛並みは見違えりました。
5円ハゲもなくなり、毛艶は良くなり、表情も日に日に生き生き。
blog.uc-onakank.net


来た時は不安と体の不調とで、きっと心身ともに辛かったかと思います。

病は仕方ないにしても、愛犬の歯は日々何かを気にかけるだけで、随分変わると思います。

歯磨きを嫌な習慣ではなく、日常の1つである。
そう思わせてあげれれば、大切な歯も守ってあげれるかなと思います。
f:id:nachiwo:20190112222815j:plain

ブラシが苦手なら、シートタイプなどもありますしね。我が家は歯磨きの液体を飲み水にいれたり。
指で直に塗るジェルで、歯と歯茎を守るのを使ったりしてます。
動物病院に訪ねてみたりしたら、きっとそれぞれのワンワンにあった物があるかと思います。
f:id:nachiwo:20190112223021j:plain

どれもコレをしていれば効果ある!大丈夫!ではないと思うのですが、諦めないのが大切かと思います。

犬は歯の先が尖っているため、虫歯にはなりにくい種族のようです。
ですので、歯茎の為の歯磨きなんですよね。


我が家は完璧に歯磨きをできているとはいえません。ヒドイ時は口をあけてくれません。
歯磨きガムを与えたり、お菓子で興味をひき、シートタイプでササッと歯を拭いて、明日は右だな。
‥そんな調子です。

積み重ねていければ、しないよりマシだろうと、、思いたいもんです。

小さな時から一緒にいるなら、歯磨きはがワンワンにとって良い習慣とまではいかなくとも、嫌ではない事と認識してもらえたらいいですよね。

我が家も歯周病との戦い、なんとか頑張ります!
そして、定期的に獣医さんにチェックしてもらう事も大切ですよね!

f:id:nachiwo:20190113142129j:plain


そんなこんなで、日々ナチヲと暮らしてます私の今日のお昼ご飯です。

いただいたオリーブうどんなる物を食べてみました。
f:id:nachiwo:20190113151903j:plain
f:id:nachiwo:20190113151918j:plain
なんだか爽やかな味でした。
ザックリし過ぎてスイマセン!
コシが強く、美味しかったです!

ではまた!

シニア犬ランキング

にほんブログ村